まずは食品選びから!

血糖値を下げるために、まず食材選びから始めてみましょう。
食品についている栄養表示がヒントになります。

 

ここで選ぶ食品というのは、言わずもがな糖質の低いもの。
ただ、炭水化物量か糖質量、どちらで表示されているかは決まっていません。

 

ですので、炭水化物量で表示されているときは
「糖質量=炭水化物量-食物繊維量」
で大体の計算をしましょう。

 

 

食物繊維量が表示されていない場合は
食品自体に何が使われているかで判断しましょう。

次に食事!

食事の取り方についても少し気を付けるだけで効果があります。

 

まず、食べる順番。
いきなり米などの炭水化物から摂取するのではなく、
食物繊維を含む食品から食べましょう。
そうすることで、急激な血糖値の上昇は防ぐことができます。

 

 

次に、口に入れたらしっかり噛んで食べましょう。
理想を言えば一回につき25回以上食事全体で20分はかけて食べたいですね。
ゆっくり噛んで食べることで満腹感も増すので
食べすぎの防止にもなりますし、唾液の消化酵素が働くので
お腹への負担も軽減されます。

 

 

余談ですが、腸への負担が減ると肩こりも楽になりますよ。

食事が終わったら・・・

血糖値を下げるためには運動!
ですが、ガッツリ動けばいいということではありません。
動く気力起きませんしね・・・(笑)

 

まずは30分ほど時間を空けましょう。
食べてすぐは消化にエネルギーを使うので
体への負担が大きくなってしまいます。

 

 

体を休憩させたら、そこからウォーキングするのが効果的です。
大体30分くらいでOKです。
平日お勤めだとなかなか時間が取れませんが、
休日だけでも取り組めるといいですね。
その点の至らない部分をバナジウム水などで補っていきましょう!