海のミルクの実力

血糖値を下げる方法、
特に食品に関しては色々言われますが
その中でも牡蠣は効果があるとされています。

 

牡蠣の総合的な栄養バランスが血糖値を下げるといわれていますが、
一番の理由は亜鉛を豊富に含んでいることです。
亜鉛は血糖値を下げるときに放出されるホルモン、
インスリンの構成材料です。

 

要するに亜鉛が枯渇してしまえば
インスリンの分泌も鈍くなり、
高血糖になりやすくなるというわけです。

 

逆にすい臓になんらかの異常が起こって
インスリンを出せなくならない限り、
亜鉛を摂取していれば大丈夫ということです。
(ただし、摂りすぎは下痢や貧血の素なので注意です。)

 

実際、生牡蠣150gを2週間食べ続けると
血糖値に明らかな変化が出てくるそうです。

 

ですが、生牡蠣150gというと、
大きめのサイズを5〜6個一日食べることになります。
お腹的にも、お財布的にも
ちょっと現実的じゃありませんよね(笑)

 

 

なのでそういうときは、牡蠣を使ったサプリを活用しましょう。
特に余計なものが入っておらず、
天然の牡蠣の成分をそのまま摂れるものがいいでしょう。

 

そういった条件であればおススメできるのは海乳EX。
牡蠣の成分をそのままカプセル状にしていて
余計なものは一切入っていません。

 

一日ふた粒飲むだけで
生牡蠣5個分の栄養素を摂取できるし、
コスパも普通に牡蠣を食べるより断然安いです。

 

初回は980円で一カ月分頼めるので(1日あたり33円!)
試してみてはいかがでしょうか。