まずはペットボトルから?

バナジウム水を家庭で飲むにはいくつか選択肢があります。
まずは飲み方での比較をしてみましょう。

 

■ウォーターサーバーとペットボトル
バナジウム天然水を入手する方法はウォーターサーバーか、
ペットボトルの2択になります。

 

【ウォーターサーバーのメリット】
・水の価格が安い
・水が送られてくるので運ぶ手間が省ける
・開けても衛生的なので長持ちする
・サーバーによってはホットもでき、電気代も安い

 

【ウォーターサーバーのデメリット】
・水は定期的に送られてくる
・サーバーを置く場所が必要

 

_____________________________________________________________

 

【ペットボトルのメリット】
・1個ずつの量が少ないので飲み切れる
・保存スペースも特に必要ない
・少量飲むのに適している

 

【ペットボトルのデメリット】
・購入して持ち帰るのが大変
・飲み続けることを考えると高価
・開封すると保存が効かない

 

_____________________________________________________________

 

このようにどちらも一長一短といった感じです。
ですから家族の人数や水の消費量によって決めましょう。

 

どちらでも良いならまずはペットボトルで始めて、
バナジウム水が気に入って飲み続けるようならサーバーに
切り替えるというのもアリですよ。

 

■ウォーターサーバーの製品
【コスモウォーター】
ウォーターサーバー業界の大手でテレビCMで知名度も高く、
人気の製品です。
水も4種類から選べるので、楽しいですよ。

 

ただしバナジウム含有の物は1種類のみです。
その含有量は100ml当り5.8μgと若干少ないかも。

 

【アクウィッシュ】
キリンのウォーターサーバーで知名度は低いかもしれませんが、
ブランドの安心感が抜群に高いです。

 

水も軟水なのでお腹が弱い人でも安心して飲めます。

 

更にバナジウムの含有量が100ml当り8.5μgと、
かなり多いのでバナジウム目的の人にはオススメですよ。

 

■ペットボトルの製品
【カラダこころ水】
バナジウム水の口コミサイトをみるとどこでも評価1位の
ペットボトルバナジウム水の王道です。

 

バナジウムが160μg入っていながら単価は高くなく、
2リットルボトルが1本当たり500円を切ります。
コンビニなどで安いバナジウム水が500mlで150円なので、
それを飲むよりかだいぶ質も良く、値段もお得ですよ。

 

通販のバナジウム水ペットボトルならこの1択でしょう。
これが嫌なら安いバナジウム水を、自分の足で買いに行った方が
まだマシですからね。